市政の動き−議会・政策・見解

【17.09.12】革新市政の会第3回みんなでテェッ九

テーマは格差と貧困のひろがり

  9月9日、革新岐阜市政をつくる会が、第3回目の「みんなでチェックしよう岐阜市政」を行いました。今回のテーマは「格差と貧困のひろがり」です。講師は、岐阜民医蓮副会長の高田一朗さんと岐阜生活と健康を守る会の森下満寿美さんです。
高田さんは、富裕層上位40人の資産が日本の人口の半分の資産と同じという話がありました。
そして所得の格差が健康や教育の格差に影響をおよぼしていると話をされました。
森下さんは、生活困難で食べるものに困っている人に食品を届けるフードバンクの活動のなかから、具体的な貧困の状況を報告されました。生活保護の制度がまだまだ実態に合っていないことや生活できない年金制度などさまざまな問題が浮き彫りになりました。最後に井深正美市議から、新庁舎建設の入札が不調になったことで現在の状況など話がありました。立派過ぎる庁舎より、福祉の充実が望まれます。

▲ このページの先頭にもどる

トップページに戻る
RSSフィード(更新情報)
県会議員中川ゆう子のサイトへ